FC2ブログ

ちょんちょに…

特別支援学校高等部を卒業し働く長男、高等専門学校に通う次男とのどたばた生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二学期


次男、とっくに高一の二学期が始まっております。
最初はどうにか行ってましたが、16時まで授業が始まった途端体調不良。
夏休みで40日ゴロゴロして怠けた体には6時間はキツイだろう。
無理せず次の日休む。
私はもう無理なんだろうかといつものように絶望的になりました。
やはり定時制高校、通信制高校に行かせれば良かったと後悔。全日は無理だったのだと。
通信制高校に転入まで考えてしまうそそっかしさはいつものこと( ̄▽ ̄;)

でも1日休んだら次の日ちゃんと自力で登校しました。
次男の力を信じているけど信じ切ってないのでしょうね。
母親の私が振り回されてます。
次々先を心配して先回りする過保護っぷり。

でも、その日雨だったので熱を出し、また翌日休みましたけどね( ̄▽ ̄;)

1日の様子だけを見て判断するのでなく、休みながらでも渋々登校するのを見守ってやらないとだな。
ついあれこれ心配してしまう。

せっかくクラスが一つ上に上がったのに前のクラスよりずっとうるさいらしく最悪らしい。
授業中うるさいってどうなんだろう?小学校低学年でもあるまいし。
先生は静かにさせないのだろうか?
見てないからなんとも言えないけど。

相変わらず友達もちょっと話す人もいなくて完全ボッチ。
せめて話せる人でもいたら変わってくるんじゃないかと思うのに、本人はほんとにボッチでいいと言い張る。独りが気ままでいいと。
ここが理解出来ないが仕方ない。

完全ボッチで3年間どう過ごすんだろう。私なら泣けてくるし学校行けないわ。



ワイワイさわいでるクラスの中で、独り机に伏せて休憩時間を過ごしてる我が子を想像して心配しない親なんているだろうか?
あー胸が痛い。
心配するなと言われてもやはり無理なようだ。




スポンサーサイト
【 2017/09/10 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

あ~なつやすみ~

とうとうまた暑苦しい夏休みがやってきた。

子供が小学校に入学したからこの長く苦しい期間を

何回経験してきたんだろうか。

12回目だわ~。。



ヒマをもてあます長男をいろんなところに連れて行ったものです。

近くの公園から、ちょっと離れた山や川やほんとによくやって来ました、私。
(自分で自分をほめたい(T_T)、誰も言ってはくれない)




17になった今は少しは変わったでしょうか?

いいえ、な~~~~んにも変わっていません。

相変わらず「ひま、ひま、今日はどこに行くんですか?」って
毎朝毎朝聞いてきやがる!!

それから一日中「ほんとにどっこも行くとこないんですか?」

「あ~~~ひまじゃぁ~~~~」って何回言うことでしょうね。



もうバスにも乗れるし自転車もあるんだから好きなところへ行けって
言うんだけど、臆病だからダメ。




それに夏の暑さが最近尋常じゃない!!

車に乗り込むのも強い意志がいるし、
クーラー効いてくるまでのあの熱地獄。

それだけで外出したくなくなる。

うちの車は黒だから余計に暑苦しい!



なのでこの夏休みは「どこかに連れて行ってやらなければいけない」という

毎年の義務感など捨ててしまい、


絶対どこも行かん!!


という強い意志を貫くことにした!


いくらあの子が騒ごうがわめこうが無視!!

もう大きいんだからいいでしょ。

自立しなければいけない歳なんだから。


もちろん外出する用事があるなら連れて行ける所なら連れて行きますけど。

あの人、ほんとにどこにでも付いてくるんです…。

役所にでも付いてきます。



中学生の次男はもう小学生高学年の時から
親について来なくなりました。

友達とよく遊びに行くし。

これが普通ですよね。


まぁ、長男の身近に友達がいないというのも大きな要因なんですが。



狭い家のなかで大きな男がヒマもてあまして

うろうろしたりおもちゃの刀を振り回したり、

変ですよ~~~。



今日の長男のエピソードはこちらのブログから→



全くのAHOですわ。바보!(パボと読む、意味は…)










【 2014/08/02 】 未分類 | TB(0) | CM(0)

ひょんなことで…



今日は次男の市の知的障害児の親の会がありました。

これはイクセイカイ(検索防止でカタカナに…)というもので全国区なのかな?

今年はあろうことか我が小学校が当番になり、

私が運悪く代表になり、

会合があれば出席しなくてはいけないのです。


不思議なことにあのような集まりには必ずみんな知り合いがいます。

私のように一匹オオカミ?はいないんです。

話を聞くだけなら一人っきりでもいいのでしょうが、

席の近くの者どうしで話し合ってくださいと言われたら

非常に困ります、戸惑います。。。


今日がそれでした。

まるで転校生が新しいクラスに入っていきなり

班で話し合えと言ってるのと同じです。

でもそこは大人同士。

いい方ばかりです。

5人の中で私だけ見知らぬ人でしたが

ずっと黙ってみんなの話を聞いていました。


すると「何か言いたいことがありますか?」とふられたので、

つい長男の今の状況を話しました。

支援校の入学面談に漏れて、入れるのかどうかわからない状況のこと。

するとほかのお母さんたちが一斉に話に乗ってくださり、

「療育手帳を持ってると必ず入れるよ!」とかいろいろ言ってくださいました。

そしてある方が副会長さんにそのことを話してくださると、

長男の学校の校長にツテがある退職した元校長先生に話してくださり

(その会合に何故か参加しておられた)

会合の後、いろいろ事情を話して、

その元校長先生は長男の中学に話を通してみると言ってくださいました。

支援学校の校長とも知り合いだとおっしゃっていました。


ひょんなところで拾う神あり!みたいな気分でした。


私は人づきあいがものすごく苦手なので

今日は心がとても疲れてしまいましたが、

行きたくなかった会合でいいことがあったものだなぁ、と思いました。


長男は99%ニートだと思っていた暗い未来に

かすかに日が差した気分になりました。


まだまだとっかかりの部分ですが少し希望を持ててよかった(T-T)」


そして支援学校の見学の話しも来ています。

是非行ってみたいと思います。









【 2012/09/27 】 未分類 | TB(0) | CM(4)

新たに…

これまでいろんなことを書いてきましたが、

韓流ブログが続かなかったので、全部削除しました。


ここでは子供の悩みを主に吐き出していけたらと思います。



中二の長男は不登校。

小4の次男は情緒学級の変わり者。時には問題児。遅刻常習犯。


なぜわが子二人ともこうなのか、

絶望の毎日と闘っています。


【 2011/12/16 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ぴみる

Author:ぴみる
「ちょんちょに」とはハングルで「ちょっとづつ」ということ。
ちょっとづつ歩んでいけたらいいな…

ブログ村
ほのぼの時計 わくわく版
FC2カウンター
blogram


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。