FC2ブログ

ちょんちょに…

特別支援学校高等部を卒業し働く長男、高等専門学校に通う次男とのどたばた生活
月別アーカイブ  【 2012年12月 】 

この一年を振り返って

今年も一年去ろうとしています。

暑かった夏のあの一か月はあんなに長く感じたのに、

秋になってからはあっという間でした。



今年はある意味今までで一番苦しい一年だったかもしれません。

これまでも子供たちには散々悩んできましたが、

苦しさにおいてはほかの比ではなかったかも.


私はこのブログを始める前にやっているブログがあります。

子供の面白いエピソードをネタにしたイラストを載せて書いていました。

しかし長男が不登校になって以来、面白いことが書けなくなり、

読んでくださる方々に暗い話を書くのは気がひけ、

もともと韓ドラブログにしていたこの裏ブログに

苦しい思いを書くことにしました。

本ブログ→ 「夢の種」


長男の不登校に始まった一年。

最初だけは療育センターの「ふれあい教室」に週一通ったものの、

4月で挫折して以来、どこの支援も受けなくなりました。


することないから家にいて、私が外出するのにくっついて来た、

そんな定年した夫のような濡れ落ち葉がくっついているような

うっとおしさが続きました。


私のうつ病も薬が効かなくなり、しばらくはほんとうに

精神的にきつい状態が数か月ありました。


「子供も苦しいのですよ」、と一般的に言いますが、

うちの子は学校行かないことによってストレスがなくなり、

爪噛みもなくなって、好きなゲームを朝から寝るまでやり、

私の後ろにピタッとついて来ては店に出かけたり、

一緒にウォーキングしに行ったり(一人では出れませんから)。




私は真綿で首を絞められているような苦しさの側で

長男は気ままな不登校ライフをエンジョイしていました。



その長男もこの隠居生活にとうとう飽きてきたようで、

早く支援学校に行きたいと言い出しておりますが、

彼は物欲が幼い頃から強く、

ゲームソフトや本を売ってはお金にし、

また中古のゲームソフトを買ってみたいな

堂々巡りな呆れたことをしています。

毎週毎週アマゾンで中古の本を頼みます。

お小遣い全部をつぎ込みます。

DSも一年に何度も壊して直したり買い替えたり、

もう私も把握できません。


時には父親から借金して高いものを買ったりします。

今はモデルガンが欲しくてたまらない様子。。。


将来困るでしょうね、こんなんじゃ。


そんなめちゃくちゃな長男を容認してるのは父親なのですから、

私は長男の将来の責任は取れません。



社会から離れてわがまま放題な生活を送ってきた彼を

待っているのはいかに支援学校だろうと集団生活です。

行くところが決まってないよりはいいですが、

今度は挫折しないようにしてもらわないと

私が今度この家庭から離脱してしまいそうです。



来年こそは幸せにとまで行かなくていい。

悩みもあったっていい。

長男に学校へ行ってもらって母子べったりな生活から

早く脱却したいです。



読んでくださった方、こんな愚痴で最後を締めくくってすみません。


どうもありがとうございました。






スポンサーサイト
【 2012/12/30 】 私のこと | TB(0) | CM(4)
プロフィール

ぴみる

Author:ぴみる
「ちょんちょに」とはハングルで「ちょっとづつ」ということ。
ちょっとづつ歩んでいけたらいいな…

ブログ村
ほのぼの時計 わくわく版
FC2カウンター
blogram