FC2ブログ

ちょんちょに…

特別支援学校高等部を卒業し働く長男、高等専門学校に通う次男とのどたばた生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

気分が重い

春なのに

なんだか息苦しい。


長男のゲームで憤怒してるどなり声、

なんだか知らないけど何かに憤ってる大声、

弟に偉そうにわけのわからないうんちくをたれている大声、


長男は地声がでかい。

とにかくでかい。

声変わりしてますます野太くなり嫌な声質になった。


子供の声がうるさいと思うのは

私が長男をうっとおしいと常日頃思ってるからでしょう。


母親として最低、失格と十分分かっていますが

こればかりはどうしようもないのです。


小さなころから常に長男には悩まされイライラし

怒ることが多くて

愛情が十分に育たないまま来てしまった。。。

これは反省しています。



そして長男の一年半の登校拒否ひきこもりライフで

常に私のそばにいることで

母子の適当な距離が保てず、

幼児の時のように外出先でも

私のすぐ後ろをくっついて歩かれる重たさ。


障害ゆえの難しさ。



もう私の精神力も限界を超えています。


もうすぐ息子が学校にいくという

解放の日が間近に迫ってるからこそ

我慢していた気持ちがゆるんで

たまらなく逃げ出したい気持ちになってるのかもしれない。


例えばトイレに行きたくてたまらなくて、

トイレが見えた途端ふっと気がゆるんで…みたいな感じ(汚い例え…)


こんな鬼母でも息子が頑張ってる姿を見ると嬉しくなるのです。

でもあまりに普段の行動がおかしいために

私も気持ちの余裕が全くなくなってしまって…。



春休みだから弟をいじめる回数も飛躍的に増えて

弟もいじめられてぎゃあぎゃあ叫ぶし怒りわめくしで

修羅場です。


これはもうず~~~と前からなのですが、

ほんともううんざり…。


この次男も発達障害があるので

少しおかしいのです。

異常なまでの私への執着というか、

薬が効いてない朝や夜にさかりのついた猫みたいに

変な猫のサカリ声をあげてしつこく私にまとわりついてきます。

これがまた苦しいことといったら…。

やめてと何度言っても聞きやしません。

なのでつい叩いてしまうこともしばしば。


薬が効いてる昼間は実におとなしくて素直なのです。

二面性がある次男です。



こんな私が母親なのでうまくいってないだけなのでしょう。


うちの母は長男が可愛くてたまりません。

それは長男が赤ちゃんのときから保育園まで

しょっちゅう母に面倒みてもらっていたので

母も長男が我が子のように思えるらしいのです。

長男もばあちゃん子でしたし。


母は自分の息子(私にとって弟)を17の時に亡くしているので

余計に可愛いのかもしれません。


とってもありがたいことです。

長男に愛情を注いでくれる人がいることが

私にとって救いになっています。


母も長男の入学式に行きたいと言っています。

私もぜひ長男の晴れ姿を見てもらいたいです。


4月10日まであと11日。

しばらくはバス停まで送り迎えもしなければなりませんが、

早く私も長男もお互いに嫌な関係から

少しでも解放されますように…。



愚痴ってしまい不愉快にさせてすみません(T-T)







スポンサーサイト
【 2013/03/30 】 私のこと | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ぴみる

Author:ぴみる
「ちょんちょに」とはハングルで「ちょっとづつ」ということ。
ちょっとづつ歩んでいけたらいいな…

ブログ村
ほのぼの時計 わくわく版
FC2カウンター
blogram


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。