FC2ブログ

ちょんちょに…

特別支援学校高等部を卒業し働く長男、高等専門学校に通う次男とのどたばた生活
月別アーカイブ  【 2013年05月 】 

五月病?


最近長男がしきりにしんどい、しんどいと言います。

脂肪肝になったときもしきりにしんどがっていたので
また肝臓の調子が悪いのかなぁと思ってもみたのですが、

最近運動してるし、体重はさほど減らなくても
徐々に引き締まってる感じがします(よく分かんないけど)。

なのでこれが「五月病」というものなんだろうかと勝手に思ってます。

4月からの新しい生活にそろそろ疲れがたまってくるはず。

何週間か前、大風邪ひいて4日休みましたが、
それとこれとはまた別なようで。


とにかくどこかが痛い、変、と常に言って居るんです。

そして私は「またか」と言う気持ちで「あ、そう」と言うと、

「心配せんのんかい!」と怒るんです。


心配して欲しいのでしょうね。

かまってちゃん病もあるんでしょうね。


それに学校での「キャリア」授業、音楽、作業の製菓をものすご~~~~~~く
嫌がってそれはそれは激しいです。

キャリア授業は参加せずに違うことをしているらしいし、
音楽は後ろで耳をふさいでるらしいし、
作業は態度が悪くてなんども注意されるし、

結局支援学校でも嫌な授業が多いわけです。

ハードルはさほど高くないんですが、
とにかく内容がたまらなく耐えれないそうです。

こうゆうのを見て、やはり長男は障害児なんだと今更ながら痛感しています。


6月下旬にある体育祭は「リレー」が嫌なんだそうです。
私が以前「どたどた走りだね」とからかったために
それが気になって仕方ないようです。
(あぁ、言わなきゃよかった…)

学校でそんなに体育に秀でた子も多くないでしょうに、
自分の姿形をものすごく必要以上に意識しすぎるので
困ったものです。

水泳も自分の裸の姿がこれまたえらいコンプレックスで、
むだ毛(男もむだ毛というのかしら?)のことを心配したり
腹が出てることを気にしたり。


一体どうせいと言うんじゃ!!と言うことばかり。

本人は真剣に悩んでいるんですが、
それに毎日付き合う私も溺れそうに苦しくなることも。



時々以前の失敗や嫌だったことがフラッシュバックして
発狂しそうになることもあるようで…。


ほんと本人にとっては辛いことばかりなのですね(T-T)



でも乗り越えて行って欲しいです。

乗り越えないと次に進めないです。

逃げる道もあってもいいんだけど、
逃げてばかりじゃ進まないんです。

大学とかに行くわけでないので
3年後には働かなくてはならないのです。

自立に向けての授業をしてくださってるので
真面目に受けてほしいんですが。


親の願いと本人の考えや抱える問題には大きな差があります。




一年後、二年後には徐々に変わっていけるといいのですが。





スポンサーサイト
【 2013/05/27 】 長男のこと | TB(0) | CM(3)
プロフィール

ぴみる

Author:ぴみる
「ちょんちょに」とはハングルで「ちょっとづつ」ということ。
ちょっとづつ歩んでいけたらいいな…

ブログ村
ほのぼの時計 わくわく版
FC2カウンター
blogram