FC2ブログ

ちょんちょに…

特別支援学校高等部を卒業し働く長男、高等専門学校に通う次男とのどたばた生活
月別アーカイブ  【 2014年12月 】 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

冬休み


とうとう冬休みに突入しました…。

長期の休みは本当に挑戦だ。

暇な長男がひ~まひまひまひまひまひま・・・・・・・と鳴きつづける。

ひま蝉だ。



そのひま蝉は、二学期中ほぼ「学校行きたくない」で始まり、終わったようなものだった。


二学期から自力登校を始めた。

バスと電車で約一時間半。

満員バスに揺られて奴が一人で登校するなんざ、

入学した当初は考えられもせず、できないものだと思っていた。


しかし慣れるってことってあるんですな、あの人でも。


バスの文句は毎日言おうが、毎日通ったもんな。



学校も9月はテンション高かったがそれ以降ダダ下がり。

毎朝毎朝「学校行きたくな~~~~い、やすみた~~~~い!」と言っていた。

過敏性大腸症候群らしき症状と戦いながら

トイレばっかり行きながら、どうにか7時半に家を飛び出して

走ってバス停まで行ったよね。


ま、あの子なりにがんばったけど、愚痴はすごかったわ。




次男、こいつがほんとうに簡単そうでめんどくさい子だった。


9月~12月まで毎日車で送った。

だって朝は起きないし、準備はものすごく遅いし、

こいつも「行きたくない、休みたい、なんで行かんといけんのん」とつぶやく。



車で送らないと確実遅刻するようになったので、

これも私の義務だと自分に言い聞かせた。


しかしこんな母親の努力なんぞ、次男本人に分かるわけない。

分かるようになるのはもっと大きくなってからだろうか。

いつかは、「あのころは母親に迷惑かけた」と反省して欲しいものだ。

その時はぜひ私に打ち明けて欲しいぞ!




さて、長男の職場実習パート2の実習先が決まった。

なにやらラーメンの卸みたいなところだ(私もよく分からない)。

厨房で皿洗いをするそうだ。


先回の運送会社は遠く、通える忍耐力を超えてるし

雇い主の評価が悪かったし、今回は違うところにしてもらった。



本人は最近になって「介護施設の清掃がやりたい」と言っている。

動機は不明だ。



しかし何をやるにしても本人の課題である、

「挨拶」「笑顔」「丁寧さ」が欠けてると雇ってもらえないよっ。


先生がおっしゃるには、仕事をよく理解しよく動くけど

雑で大ざっぱ。

自分がこれでいいと思ったら、先生が注意しても聞かない、
もしくは反抗する、はぶてる。

これじゃぁ、仕事出来てもだめじゃん!\(*`∧´)/



でもいくら母親や先生が口で言ってもきかないので、

実際に失敗し注意され、気落ちし、反省してくれなきゃ身につかないかも。



ほんとに前途多難な息子たちよ…。

素直さだけがあったらなぁと思うよほんと。


















スポンサーサイト
【 2014/12/23 】 息子二人のこと | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ぴみる

Author:ぴみる
「ちょんちょに」とはハングルで「ちょっとづつ」ということ。
ちょっとづつ歩んでいけたらいいな…

ブログ村
ほのぼの時計 わくわく版
FC2カウンター
blogram


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。