FC2ブログ

ちょんちょに…

特別支援学校高等部を卒業し働く長男、高等専門学校に通う次男とのどたばた生活
月別アーカイブ  【 2015年11月 】 

就職不安


長男の就職が決まりそうで喜んでいるのは
親だけ?

本人は全然喜んでいない。
むしろ嫌がっている。

働くことへの不安、社会に出ることへの不安、
たくさんの不安が雪だるま式に増えて行っているようだ。

最近とっても不機嫌で怒りっぽい。

今日は学校を休んでしまった。



就職に関しては学校も企業側もしっかりサポートしてくれて
親も応援し援助し、
会社の方も働きをとっても褒めてくださっている。

普通の就職活動では考えれないくらい
手厚い援助があるにも関わらず、
本人の心が付いて行ってないため
本人だけがストレスを感じている。


これも試練だと思えばいいのか、
乗り越えれば楽になるのだろうか、
いざ就職してみたらすぐ出社拒否症にならないか心配である。



長男にはメリットばかりを話して聞かせているが
果たして心に届いているのだろうか。



大人が無理やり社会に送り出そうとしているのではないかという
思いにもかられそうになる。

かといって大学に行けるわけでもない。
そのへんのアルバイトが出来るわけでもない。

こうやって考えていくとやはり今の状況が最善だと思わざるを得ない。




長男本人は「作業所がいい。あそこが楽でいい」と言う。

もちろんそれは逃避な発言である。


もし作業所に行ったとしても長男に合わないことは目に見えている。


どんなに私が必死に説得しても納得せず
終いにはケンカになるのだから意味がない。



今は愚痴を吐くだけ吐かせて様子を見るのがいいのかもしれない。



けど登校拒否になるのだけはやめて。
明日学校に行ってね。




スポンサーサイト
【 2015/11/10 】 長男のこと | TB(0) | CM(2)
プロフィール

ぴみる

Author:ぴみる
「ちょんちょに」とはハングルで「ちょっとづつ」ということ。
ちょっとづつ歩んでいけたらいいな…

ブログ村
ほのぼの時計 わくわく版
FC2カウンター
blogram