FC2ブログ

ちょんちょに…

特別支援学校高等部を卒業し働く長男、高等専門学校に通う次男とのどたばた生活
月別アーカイブ  【 2017年03月 】 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

次男、卒業


先週、次男が中学校を卒業した。


特支クラスの三年生4人(皆男子)で
昼から校長室で行った。


普通学級のみんなと行動を共にすることを嫌がるようになったので、
このように先生方が取り計らってくださった。

思えば4年前、不登校だった長男も校長室で
一人っきりで卒業式をしてもらった。

なんでわが子が二人とも…と考えだすと落ち込むので
そこは考えないようにしている。
私だって母親に「なんであんたは普通と違うの」と言われたら
立ち直れないだろうから。



次男は卒業式の当日まで学校に行きたがらない姿勢を崩さなかったが、
どうにかこうにか卒業出来て良かったと思う。

特支クラスの他の二人とはとても仲が良いのだが、
当日はお互い一言も言葉を交わさず、
顔も見ず、なんともお通夜みたいな不思議な雰囲気を醸し出していた。


めでたいのかめでたくないのかよく分からない雰囲気。
ま、本人たちは面倒極まりない行事なので
さっさと終わらせてはいさようなら。


でも次の日から三人で遊んでいるんだから不思議。
卒業式の話もしないらしい。  不思議~。


4月から花の高校生になる。
学校、勉強が大っ嫌いな次男にとって
どんな高校生活が待っているのか不安でならないが、
中学が全く楽しめなかっただけに
学生らしい普通の生活を送って欲しい。


特支クラスという狭い教室で窮屈な思いをしてきたけど、
これからは他のみんなと一緒に
劣等感を持つのではなく楽しんでほしいというのが
私の唯一の願い。





スポンサーサイト
【 2017/03/19 】 二男のこと | TB(0) | CM(2)
プロフィール

ぴみる

Author:ぴみる
「ちょんちょに」とはハングルで「ちょっとづつ」ということ。
ちょっとづつ歩んでいけたらいいな…

ブログ村
ほのぼの時計 わくわく版
FC2カウンター
blogram


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。