FC2ブログ

ちょんちょに…

特別支援学校高等部を卒業し働く長男、高等専門学校に通う次男とのどたばた生活
月別アーカイブ  【 2018年02月 】 

働きたくない

前の記事から一か月経ってしまった。

長男の実習は無事終わり、あとは面接を受けるかどうか
返事する段階になり、
「どうするのか、面接受けるのか」と長男に尋ねると
一向に返事しない。
無視している。
考えたくない様子が見て取れる。

実習は順調だったはず。
忙しい仕事で自分向きだと自分で言っていた。
会社の人からも褒められたらしい。
飲み込みがいいこと、よく動くこと、
今までこんなに褒められたことはないとも言っていた。

なのにこの会社に行きたいとは言わない。

結局長男は仕事すること自体が嫌なのだ。
働かずに行きて行きたいと怒りながら言っている。
仕事のことを言うと必ず憤慨する。
この世の決まりのせい、常識なんてクソ食らえ。
なんで働かないと行きていけないのか。
呆れて物も言えない。

家にいても体がうずき、ゲームばかりしていて
どこかに連れてってもらいたくて、
ウロウロしてばかり。

物欲がすごくて欲しいものは星の数ほどあるのに。
働かないと買えないじゃないか。
でもそんな理屈は私が言っても無駄。


なかなか返事の連絡をしないので
痺れを切らしたハローワークの担当者から電話があった。

そしてやっと面接をすることになった。


色んなストレスから、死にたいだの言ったり
自殺の仕方を検索したりほんとにろくなことありゃしない。


でも先週の引っ越しで長男は大活躍だった。
ものすごく動いて働いてくれた。
彼がいなかったらこの引っ越しはもっともっと大変だっただろう。
そこはしっかり褒めた。

その有り余る体力を仕事に生かして欲しい。

面接はあさって。









スポンサーサイト
【 2018/02/21 】 長男のこと | TB(0) | CM(2)
プロフィール

ぴみる

Author:ぴみる
「ちょんちょに」とはハングルで「ちょっとづつ」ということ。
ちょっとづつ歩んでいけたらいいな…

ブログ村
ほのぼの時計 わくわく版
FC2カウンター
blogram