FC2ブログ

ちょんちょに…

特別支援学校高等部を卒業し働く長男、高等専門学校に通う次男とのどたばた生活

結局行けなかった参観

 

今日、参観でした。


昨日学校でずっと具合が悪かった長男。

参観のことを考えるとストレスで具合が悪くなり保健室で寝ていたそう。



それでもハッパをかけ続けましたが、

とうとう私が折れました。心も折れました(T-T)



参観が終わってから登校することにしました。


私自身は納得できずに不満一杯だったけど

長男は重いストレスから解放されていたようです。




これで良かったのか、悪かったのか今でも自問自答です。


担任の先生は「参観終わって登校できたのだからいいんですよ」

とおっしゃってくださいました。






嫌なことを避けて通る。


私もあります。


「無理しないで」っていう言葉、無理なことはしないということ。


それが今の長男にあてはまるのかどうかほんとうにわからない。



わがままなのか、甘えなのか、ほんとうに免除してやらないといけないのか。



ある程度の負荷は必要だけど重すぎると心身崩れてしまうのは

大人も同じこと。



他の子よりメンタル面が弱いけどそれも長男の個性と

とらえていかないといけないのでしょうね。




難しいですね、ほんと。。。


学校の決まりや先生と関係あることなので


私一人では決定できなくて。




でもつくづく良かったと思うのは支援校ということ。

理解して優しく接してくださる先生がおられるから

長男の生きる場所を与えられている。


幸いに友達も出来て、ゲームの話ができること。



学校のプログラムは不平不満だらけですが、

友達が見つかったことは勉強ができることより良かったと思う。








スポンサーサイト
【 2013/04/24 】 長男のこと | TB(0) | CM(4)
お疲れさまでした。


長男さん、葛藤のすえ、今回は自分の考えを通したんですね。


それでも登校出来た事、褒めてあげたいですね。


世間のルールに合わせて欲しい親の気持ちも良く解ります。


我が家のあんちゃん、心理検査の結果、独特の考え方をしていて


周りに理解されず苦しむ。という件がありました。確かに『v-236


って私も戸惑う事があります。そこは解せないけれど、あんちゃんなんだ


なって・・・。親でもそこを正す事は難しいです。


自身が体験して修正していく事もあるとも思います。


長男さんは幸い、支援学校に通えているのですし、友達からの刺激も


あるだろうし・・・きっと変わっていきますよ。


我が子なりの成長、見守りましょうね。




【 2013/04/26 】 編集
Re: スパイスさんへ
ありがとうございます(*^^*)

結局参観には行けませんでしたが、
まぁ、それが大きなマイナスになるかといったらそうではないと思うので
こちらも割り切るしかないと思っています。

学校には慣れてきて、それが大きな目標だったため
良かったなと思います。


今までは孤独で独りよがりな見方しかしてきませんでしたが、
いろんな人に揉まれて考え方も変わっていくかもしれませんね。

いっぺんには変わらないけど少しづつ。

それを期待したいです!!
【 2013/04/26 】 編集
うちは、今日参観日でした。朝早く、娘連れて電車を乗り継いで行ったのに、教室には息子の姿はありませんでした~(ガ~ン・・)
相談室にひとりおりました~

先日、担任から急遽、家庭訪問に伺いたいと言われました。他の子は、懇談ですむところ、うちだけ・・やはり問題ありだからでしょうね。
せっかくだから、息子の小学~中学までの出来事・・全部お話してたら、2時間半くらいかかりましたよ~こんな子なんです!をアピールし、宜しくおねがいします、とお伝えしました。
こちらも、支援学校だからか、先生方は、理解してくれ、今は息子のペースで大丈夫と言われ、気が楽になりました。
やはり、私も、みんなと同じにしなきゃと思って焦っていたのですが、少しずつ頑張ればいいのかなと思いました。
長男くん、まだ最初の参観日、無理をしなくてよかったですよ。嫌という気持ちは強く残るので無理して行かせたら、次に繋がらなくなるかもです。
長男くんは、よく頑張っていると思いますよ~
少しずつ、苦手なことにも向き合えていくようになりますよ。それに、立ち向かっていく力をつけるためにも、逃げることも大事かもしれません・・
そんなに、強い人っていませんものね~
息子、作業は楽しいと言ってます。ちょっと救いです。


【 2013/04/27 】 編集
Re: ねぇこさんへ
ねぇこさんの長男くんは相談室が居場所なのですね。
居場所があってよかった。

よく頑張って通っていますね!えらい!!

うちは家庭訪問ありますよ。
でも我が家は学校でしてもらうことにしました。
うちに先生方がこられると長男が落ち着かないので。

確かに参観、無理強いして参加させなくて良かったです。
具合悪くなるほど思いつめていたのですから。
それを理解してくださる先生方に感謝したいです。

クラスのみんなも何も言わずにそれでも普通に接してくれるのに感謝。
みんな弱い子には優しいのかもしれません。
この学校に入って良かったとしみじみ思います。


ねぇこさんの長男くんのマイペースな歩みで
徐々にクラスになれていけるといいですね。
【 2013/04/28 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぴみる

Author:ぴみる
「ちょんちょに」とはハングルで「ちょっとづつ」ということ。
ちょっとづつ歩んでいけたらいいな…

ブログ村
ほのぼの時計 わくわく版
FC2カウンター
blogram