FC2ブログ

ちょんちょに…

特別支援学校高等部を卒業し働く長男、高等専門学校に通う次男とのどたばた生活

サッカー教室

学校の課外学習で「サッカー教室」というのがあり、

長男がそれにぜひ参加したい!と珍しく申し出ました。


これは喜ばしいことだ!!と喜んで今日初参加してきました。


長男からこうゆうスポーツ系をやりたいと言うのは初めてで嬉しいことでした。

本人も今朝は不安ながらも嫌がらず行けました(だいたい初めての事はぐずる)。





集団行動が大の苦手な彼にとってとてもいい経験だと思いました。



しかし練習が始まってわずか30分。


その集団行動のために彼は大きくつまづいてしまいました。



それは何列かに分かれて一人づつスキップをするという練習。

なにも珍しくも恥ずかしいことでもないのですが、

長男はそれをひどく恥ずかしがったようです。


それと列をコーチに変えられ、障害の重い子の後ろに行かされました。



この直後から長男の様子がおかしくなりました。


列から離れ、ちょっとすると更衣室に逃げ込んでしまいました。


輪から離れる子は多いので(障害のある子ばかりなので)

全然目を引く行動ではありませんでしたが、

私には何かあった!、と思い嫌な予感がよぎりました。



少しすると私のところへ来て


「頭が痛いけぇ、帰るわ」と言って走って車に戻ってしまいました。


「またか!」という失意の思いで追いかけました。



最初は「頭が痛くてもう限界だった!」としきりに言ってましたが

「列を勝手に変えられて、障害の重い子の後ろにさせられた!

僕は運がない!ついてない!もう嫌だ!」と本音を言い始めました。


私はカ~~ッときてつい怒り飛ばしました。


繊細すぎるのがものすごく情けなく思い、

ここでくじけてはダメだと必死でした。


頭ごなしに怒ってもだめなのは分かってましたが止まりませんでした。


期待が大きすぎたのでしょう。

こんなに早くくじけるなんて信じられない気持ちでいっぱいでした。


長男は私の話など聞かずに、車で待っていた二男と蹴り合いをして
ふざけ続けました。



しばらくしてなんとかグランドに戻ったものの、

皆の練習をしている様子を見るとまた逃げ出そうとしました。

次男に過剰なちょっかいを出し続けました。


私は人目もはばからず怒り飛ばしてました(T-T)


しんどい時は輪から外れてもいいんです。

特別支援学校なのですから先生も保護者も理解はあります。

誰も何も言いませんし、ふら~っと輪から外れる子もたくさんいます。


でも長男は一見障害がないように見える上に

メンタルがものすごく弱く繊細なので

ギャップは大きいです。


とても厄介な情緒障害なのです。



あまりに文句が多いので私も心の中でプチッと切れてしまい

もう教室はやめよう!もう何を言ってもダメだと思い

「帰るよ」と言い車に戻りました。


長男は「おい!」と私に怒鳴りましたが無視して歩きました。


車に戻るまで私は振り返りませんでしたが

車に戻った時長男の姿はありませんでした。



どうやらグランドに留まっていたようです。





12時を過ぎて練習が終わった頃、長男が戻ってきました。


練習に参加して試合もしてきたと。




結局は私がそばにいるとこの子はなにもできなくなるのですよね。

私に対する依存がものすごく強いんです。

小さな頃からそうでした。


私がいないとできることでも私がついてると私に頼り
何にもできなくなってました。


今日練習が始まる前に「車に行っといて」と言われたのに、

私は練習を見てみたいために残っていました。


長男は私の存在が大きすぎて、普通ならどうにか我慢できることも

我慢できなくなったのかもしれないと思いました。



普通、親がそばにいたら安心して出来るのではないかと思いますよね?

でもこうゆう子は正反対なのだな、とつくづく考えさせられました。


依存性の高い子には逆効果なのだと。





これから教室はどうしたらいいか分かりません。

月に二度、一年間続けれる自身は私にはありません。

いちいち荒れるのにつきあう自信は…。


長男は辞めるとは言いません。


「痩せたいから」と言いますが本音はどうなのか分かりません。


辞めたいと言わないのに無理やり辞めさせたとも思いません。



まぁ、普通の高校のクラブのように厳しいものではないので、

嫌な時は休んでも全然構わないのですけどね。




こんな時は父親が是非付き添ってもらいたいものですが、

夫は土曜日は仕事だし、

それに夫は簡単に「やめろ」という人なので絶対辞めさすでしょう。


来月に膝の手術で入院し、しばらく運転も出来ないし。



やっぱり私一人で頑張るしかないのでしょうか。


長男のサポートは本当に大変で時々くじけそうになります(T-T)




長い愚痴になりました。















スポンサーサイト
【 2013/05/18 】 長男のこと | TB(0) | CM(2)
長男くんの「やりたい気持ち」大事にしてあげたいですよね。
サッカーなんてすごいな~うちは球技関係ダメですから~
うまくいかなくても、何事も経験です。そこから、きっと長男くんも何かを感じるだろうし学んでいくから、やりたいことは挑戦してほしいな・・

こちらは、昨日、運動会でした。息子も3年ぶり(中学はずっと見学だったから)の運動会参加できました。
息子の走る、踊る姿・・特にリレーは感動モノです。この3年間息子の出ない運動会を見てきたので(とてもせつない思いで)みんなと同じように競技している姿にウルウルです。。
小、中、高と合同運動会で競技もいろいろあり、楽しく温かい雰囲気でした。
次は水泳。。これも3年ぶりとなればいいのですが。。水着も無い状態です~
まだ、教室には入れなかったり、微妙な登校状態ですが、なんとかやってます~
【 2013/05/26 】 編集
Re: タイトルなし

ねぇこさん、ありがとうございます。
心配していましたよ。
コメントくださって嬉しいです(T-T)

ねぇこさん長男君、すごい!
運動会にちゃんと参加できたんですね!!
一大イベントに参加できたなんてすばらしいじゃないですか!

うちは体育祭が来月下旬にあるんですが、
リレー嫌がってますよ~。
なんせ小6以来の運動会です。
それがものすごくストレスになってるみたいです。

水泳も挑戦ですね。
私は水着は早々と用意しましたよ(笑)
気持ちと準備だけ先走る私です。

うちの子もまだまだ順調とまでいきませんが、
出来ないこと、出来ることひっくるめて
なんとか一日一日過ごせていけたらいいですね。
お互いに。

また近況知らせてくださいね!待っています(*^^*)
【 2013/05/27 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぴみる

Author:ぴみる
「ちょんちょに」とはハングルで「ちょっとづつ」ということ。
ちょっとづつ歩んでいけたらいいな…

ブログ村
ほのぼの時計 わくわく版
FC2カウンター
blogram