FC2ブログ

ちょんちょに…

特別支援学校高等部を卒業し働く長男、高等専門学校に通う次男とのどたばた生活

プチスランプ?



ずいぶんと久しぶりです。


学校生活が上手く行っていた長男が

最近学校が面白くないと言い出しました。

学校に行きたくない、休みたい、やめたい、などとエスカレートしています。


よくない兆候です。


倦怠期みたいなものでしょうか。


ひょうきんさでクラスで目立っていた彼が、

最近他の生徒も調子よくて他の子が目立ち始めたと感じたらしいのです。

それで自分の存在価値の危機を感じたようです。


はたから見ると別にどうってことない環境なのでしょうが

長男の繊細な心はそれで疎外感を感じてしまっているようです。


連絡帳の先生の感想では、ひととおりよく頑張っているとのこと。

概して褒めてもらっています。



しかし一度芽生えた自分の存在の危機、疎外感、孤独感は

そうたやすく消えるものではないらしく、

何をやってもマイナスに捉えてしまうのでしょう。

どんどん被害者意識は膨れ上がっています。




先生からはしっかり褒められているはずなんですけどね。

あまり心に入ってこないのでしょうか。


今は辛抱の時なんでしょうね。



家でもしっかり褒めてあげたらいいのですが、

こうして文句や愚痴ばかり言った挙句に

二言目には「休む、辞める」などと言うもんだから

ついキツイ一言を言ってしまう私。


普段から長男にキツイ私でも励ますことは励ましているんです。

怒ってはいけないのも分かっているんだけど。

あまりにしつこいとつい…。



もうすぐ長男の嫌いな文化祭があります。


全部やる気はないようです。

なにかの店を開くみたいなのですが、やりたくないし、

合唱もステージに立っても 歌わない・手話をしないと宣言しています。

(歌いながらみんなで手話をするんだそうです)




このスランプ、いつか抜ける日が来るのでしょうか。










スポンサーサイト
【 2013/11/06 】 長男のこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぴみる

Author:ぴみる
「ちょんちょに」とはハングルで「ちょっとづつ」ということ。
ちょっとづつ歩んでいけたらいいな…

ブログ村
ほのぼの時計 わくわく版
FC2カウンター
blogram