FC2ブログ

ちょんちょに…

特別支援学校高等部を卒業し働く長男、高等専門学校に通う次男とのどたばた生活

あ~なつやすみ~

とうとうまた暑苦しい夏休みがやってきた。

子供が小学校に入学したからこの長く苦しい期間を

何回経験してきたんだろうか。

12回目だわ~。。



ヒマをもてあます長男をいろんなところに連れて行ったものです。

近くの公園から、ちょっと離れた山や川やほんとによくやって来ました、私。
(自分で自分をほめたい(T_T)、誰も言ってはくれない)




17になった今は少しは変わったでしょうか?

いいえ、な~~~~んにも変わっていません。

相変わらず「ひま、ひま、今日はどこに行くんですか?」って
毎朝毎朝聞いてきやがる!!

それから一日中「ほんとにどっこも行くとこないんですか?」

「あ~~~ひまじゃぁ~~~~」って何回言うことでしょうね。



もうバスにも乗れるし自転車もあるんだから好きなところへ行けって
言うんだけど、臆病だからダメ。




それに夏の暑さが最近尋常じゃない!!

車に乗り込むのも強い意志がいるし、
クーラー効いてくるまでのあの熱地獄。

それだけで外出したくなくなる。

うちの車は黒だから余計に暑苦しい!



なのでこの夏休みは「どこかに連れて行ってやらなければいけない」という

毎年の義務感など捨ててしまい、


絶対どこも行かん!!


という強い意志を貫くことにした!


いくらあの子が騒ごうがわめこうが無視!!

もう大きいんだからいいでしょ。

自立しなければいけない歳なんだから。


もちろん外出する用事があるなら連れて行ける所なら連れて行きますけど。

あの人、ほんとにどこにでも付いてくるんです…。

役所にでも付いてきます。



中学生の次男はもう小学生高学年の時から
親について来なくなりました。

友達とよく遊びに行くし。

これが普通ですよね。


まぁ、長男の身近に友達がいないというのも大きな要因なんですが。



狭い家のなかで大きな男がヒマもてあまして

うろうろしたりおもちゃの刀を振り回したり、

変ですよ~~~。



今日の長男のエピソードはこちらのブログから→



全くのAHOですわ。바보!(パボと読む、意味は…)










スポンサーサイト
【 2014/08/02 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぴみる

Author:ぴみる
「ちょんちょに」とはハングルで「ちょっとづつ」ということ。
ちょっとづつ歩んでいけたらいいな…

ブログ村
ほのぼの時計 わくわく版
FC2カウンター
blogram