ちょんちょに…

特別支援学校高等部を卒業し働く長男、高等専門学校に通う次男とのどたばた生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今はなんとか大丈夫に


前回の記事で、息子二人とも仕事、学校にいかなくなるのではと書きましたが、
いまはなんとか沈静化してます。


長男のことは、高校の元担任に電話で相談しました。
ほんと親身になってくださりありがたいです。
心強いです。


長男は次の日同僚と上司の愚痴を言い合ったら気が晴れたらしい。
ストレス発散なんてそんなもんよね。
それで今を耐えれたなら取り敢えずクリアだわ。


次男は相変わらず重役出勤だけどなんとか学校行ってるわ。
不登校になったらいけんと、分かってるだけ偉いわ。



子供の悩みは尽きない…。


旅行もいけない。
美味しいものを食べにいけない。
高い洋服を買えない。
自分に投資する余裕はない。



こんな生活だけど、子供の幸せを願うことは出来る。
子供から学ぶことはたくさんある。
子供を通して色んな出会いがある。



私は子供に実は助けられてるのかもしれない。







スポンサーサイト
【 2016/06/10 】 息子二人のこと | TB(0) | CM(2)
長男くん、よかったですね。家族以外に、愚痴が言えてストレス発散できて。自分と同じ気持ちで働いている同僚さんがいるだけでも違いますよね~
私も、新人のころは、同期で入った人たちとストレス発散してましたし・・

次男君も、進路に向けて色々、自覚してるんでしょうね。えらいです。
ウチの娘も今年度、担任が変わり。。去年の先生は熱心でよかったのだけど。。今年は、イマイチ・・私は馴染めません。進路もあるのに。。不安あり。

私も、いまだに、学校の先生とかに息子の相談していますよ~
ずいぶん支えてもらっています。子供を通していろいろな出会いもあるし、普通の子ではない分、知らなかったこと(福祉のこととかも)もたくさん教えてもらったり(今は、障害年金について調べているとこです)同じような子供さんにも優しい目線でいられたり。。
親としてはまだまだですが、不安な思いの中でも幸せを感じることもあります。

余裕のある生活なんてウチもムリ。先日、床下に白アリが!駆除やらなんやらで出費が・・でも子供たちの将来(たぶん2人とも家から自立は無理だろうし)を考えると住めるようにしておかないとなぁと。
宝くじ当たらないかな~
【 2016/06/12 】 編集
Re: タイトルなし
お返事かかなり遅くなりごめんなさい。
その後、長男くん、娘ちゃんはどうですか?

長男君も高校の先生と相談できるいい関係を保っておられるんですね。
うちは私が先生にメールで相談してます。
その先生もいま家庭の事情で休職しておられるようで…。

うちの長男いまだに仕事がかな~~~り憂鬱で、
それにとっても仕事が暇らしくて苦悩しております。
一年続くんかしら…。
マジで不安になってきました。

【 2016/07/13 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ぴみる

Author:ぴみる
「ちょんちょに」とはハングルで「ちょっとづつ」ということ。
ちょっとづつ歩んでいけたらいいな…

ブログ村
ほのぼの時計 わくわく版
FC2カウンター
blogram


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。